ウーマン

乾燥肌を放置せず化粧品で対処せよ|ツルッと美肌をラクラクGET

シミやシワのない肌を維持

美容液を持つ女性

appsは、変質せずに肌に浸透するビタミンCです。そのためappsが配合された化粧水を使うと、肌ではビタミンC本来の力が発揮され、シミやシワが生じにくくなります。しかもappsは、脂質にも水分にも溶ける性質をしているので、細胞間脂質や肌細胞にしっかりと浸透し、高いアンチエイジング効果をもたらします。

Read

肌のくすみが気になる方

せっけん

ピーリング石鹸を使用すると角質がとれるので、くすみを目立たなくすることができます。また、これは就寝前のタイミングで使用するのが最も効果的だと言われています。寝る前に古い角質を落とすことで、肌の再生を促すのです。

Read

美しく年齢を重ねるために

鏡を見る中年女性

アンチエイジング化粧品は、年齢を重ねることによって引き起こされる肌の悩みを改善する目的の化粧品です。様々な成分を配合したものが数多くあり、自分の肌の悩みに合ったものを選ぶことで、若々しい肌を保つことができます。

Read

ワセリンで肌を保護しよう

基礎化粧品

おすすめの白色ワセリン

乾燥肌のケアは保湿が基本ですが、その方法の一つとしておすすめなのが、ワセリンです。ワセリンには、水分蒸発を防いだり、スキンケアで使った商品の成分を閉じ込める特徴があります。このため睡眠前に行う、夜のスキンケアの後に使うのがベストと言えるでしょう。ワセリンは、主に二つの種類に分けられます。一つは黄色ワセリンで、雑貨品として販売されており、安価で入手しやすいのが特徴です。もう一つが白色ワセリンで、主に医薬品として販売されています。黄色ワセリンに比べるとやや割高ですが、純度が高く、肌に優しいのがメリットとなっています。乾燥肌のケアで使いたい人は、白色ワセリンを選ぶとより効果的で安心と言えるでしょう。美肌をラクラク手に入れましょう。

使用時に注意したいこと

ワセリンは乾燥肌ケアで使う化粧品として便利ですが、べたつき感が気になることもあります。そのため、他の化粧品と組み合わせたり、使う場所を限定するなど工夫する必要があるでしょう。例としては、保湿成分がたっぷり含まれた化粧品を使った後、唇、目元などの敏感な部分のみ、ワセリンを塗るといった使い方が挙げられます。ただし、症状が比較的重く過敏になってしまっている部分に対しては、刺激物、添加物の入っている化粧品は使わず、ワセリンのみを使用し保湿を心がけることも考えられるでしょう。また、ワセリンには肌の水分保持能力を改善する機能はないため、あくまで水分蒸発防止のためと割り切り、乾燥肌に対する一時的な処置として使うことが大切です。